プロポーズのタイミングnavi.

プロポーズの花の選び方

プロポーズの花の選び方

プロポーズの時に渡すのは赤いバラの花が定番です。

 

愛を伝えるシチュエーションで良く登場する赤いバラの花ですが、赤いバラ=プロポーズというわけではないので、特にこだわる必要はないようです。

 

彼女が赤いバラが大好きだったり、ロマンチックで大胆な演出で彼女のハートをわしづかみにしたいという方は、たった一輪でもかなり存在感のある赤いバラで花束を作ることをおススメします。

 

しかし、年齢的に赤いバラはちょっと似合わなかったり、彼女の好きな花が別にあるような場合には、赤いバラにこだわらずに別の選択をしてももちろんOKです。

 

 

プロポーズという一生に一度のスペシャルなイベントですから、花束やブーケとして選ぶ花はできるだけ存在感があって豪華な感じのものを選ぶと良いでしょう。

 

オレンジやピンク、イエローのバラなどもステキですし、花束の中に高価な胡蝶蘭などが入っていても高級感あふれるハイセンスな花束に仕上がりますよね。

 

 

基本的にはどんな花を選んでもOK、どんなカラーを選んでもOKな花。

 

しかし、花の一つ一つには花言葉がついているので、普段はあまり気にしない方でも一応チェックしておく事をおススメします。

 

女性の中には花言葉を気にする方ももちろんいますし、プロポーズでもらった花のことは一生忘れる事もないでしょう。

 

一生の中でもしかしたら花言葉を調べる機会があるかもしれません。

 

そんなとき、花言葉が意図したものではなかったら、夫婦関係に溝が入ってしまうことにもなりかねません。

 

たかが花言葉、されど花言葉なのです。



ホーム RSS購読 サイトマップ